就活エントリー

【就活生必見!】説得力のある自己PRの作り方のコツ!自分の長所を魅力的に伝えるには?

今回は就活生の方々に向けて説得力のある自己PRの作り方!をご紹介したいと思います。

1月現在、就活生の皆さんは企業研究インターンシップ参加に勤しんでいるところではないでしょうか?

3月から採用情報が公開されるのでそれに備えて、企業エントリーエントリーシートの準備をしている方もいらっしゃるかと思います。

就活において重要になって来るのが自己PR!
ESや面接でも問われることが多いので、対策は必ず必要です。

今回は説得力のある自己PRの作り方!をご紹介したいと思います。

説得力のある自己PRの作り方の3つのコツは?

最初にあなたの強みを伝える

最初にあなたの強みを伝えましょう。

英語の文章と同じで、最初に結論を言うのです。
英語では、結論→理由という順番に話しますが、相手に何かを伝える場合はこの方法が最適です。

日本人は普段は逆の順番で話しているので、慣れないかと思いますが、就活のときはこれを意識して下さい。

最初に「私の強みは~です。」と結論を言ってから、その後それを裏付けるエピソードを付け加えるようにしましょう!

あなたの強みを裏付けるエピソードは数字を用いて具体的に!

あなたの強みを裏付けるエピソードは具体的にしましょう!
根拠なくあなたの強みを伝えようとしても納得してもらえません。

必ず具体的なエピソードを伝えましょう。

エピソードを語る際には以下のポイントを意識するといいです。

  • どんな場面で強みを発揮したのか
  • そのときどのような課題があったのか
  • その課題にどのように取り組んだのか
  • そこから得た結果・学んだことは?

ちなみに、得られた結果については定量的な数値を示した方がいいです。
あなたの努力が実績として評価されます。

仕事にあなたの強みをどのように活かすのか?

最後に仕事にあなたの強みをどのように活かすのかを伝えましょう。

ここでは、企業視点で見たときにあなたの強みを活かせるかどうかという考え方が重要です。

あなたの強みが企業側が求めている人材像に合っていなければ意味がありません。

採用する側の立場に立って考えましょう。
そのためには、企業研究が必要ですね!

あなたの強みを活かして、会社で活躍するイメージを持ってもらえるようにしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

説得力のある自己PRの作り方!をご紹介しました。

自己PRではあなたの強みを企業側に認めてもらい、あなたを企業に売り込む必要があります。

企業分析と自己分析を重ねて、しっかりとあなたの強みを伝えましょう!

あなたの就活を応援しています。