就活面接

【就活生必見!】大手企業に受かった私が面接の対策方法を徹底伝授!

就活 面接

今回は就活生の方々に向けて面接の対策方法をご紹介したいと思います。

1月現在、就活生の皆さんは企業研究インターンシップ参加に勤しんでいるところではないでしょうか?

3月から採用情報が公開されるのでそれに備えて、企業エントリーエントリーシートの準備をしている方もいらっしゃるかと思います。

一番重要になってくるのは、やはり6月から解禁される面接ですね!

面接はあなたの魅力を直接アピールできる唯一の場面なので、とても重要ですよね!
ただどんな対策をしたらいいのか悩みどころではあります。

今回は面接対策に悩んでいる方々に向けて、面接の対策方法を解説致します!

かくいう私も某大手企業に受かった身なので、その経験を踏まえてどのような対策を
したらいいのかを解説していきたいと思います。

面接対策本は絶対に読むな

面接対策というと、まず頭に浮かぶのが面接対策本

これ結構読んでいる人多いと思います。

実際に当時のリクルーターの方から聞いた話ですが、
「面接対策本に書いているようなありきたりなことばかり答える就活生が多い。」
と嘆いていました。

面接官が知りたいのはあなた自身の魅力であって、
面接対策本に書いているようなありきたりなものではありません。

いくら丁寧で立派な言葉を並べようが、相手は数千、数万人という数多くの就活生を
相手にしてきた面接官なので、そのような小手先のテクニックはすぐに見破られてしまいます。

面接対策にはOB・OGの力を借りろ!

では一体どのように対策すれば良いのかですが、
一番効果的なのはOB・OGの力を借りることです。

当たり前すぎて拍子抜けかもしれませんが、これが一番いいんです。

私の場合は先輩方に恵まれているところだったので、
歴代の先輩方が毎年毎年、面接で聞かれた内容を残して下さっていました。

私はそれらの質問に対する自分なりの答えを考えて、
一人で喋る練習をしていました。

時間の都合が合えば、交流のあるOB・OGの先輩に連絡をとって相談に乗ってもらうのもいいですね!
私も直接連絡とって、飲み会の席で色々とアドバイスを頂きました。

会社に入っても上の方との繋がりというのは、非常に重要です。
就活をするときから、そういった意識を持って取り組むのは面接だけでなく、
その後にも大変役に立つことでしょう。

もし、OG・OBがいないという場合にはリクルーターの方にどんな対策をしておけば良いのか相談したり、友人に他の会社ではどんなことが聞かれたのかを訪ねて対策を立てましょう!

企業が現在抱えている問題は必ず把握しておくこと

これはどんな会社でもそうだと思いますが、面接では必ずこれは聞かれます。

「当社が抱えているこの問題についてどのように思いますか?
またどのように解決していけば良いと思いますか?」

このようなニュアンスの質問をされますが、
これは問題に対してどのように取り組み解決していこうとするのか、その姿勢や考え方が問われています。

そのための対策として、
新聞や会社HP等から情報収拾をしてあなたなりの答えを考えることが必要です。

可能であれば、OBやOGに連絡をとって、あなたなりの考えを述べた上で、
意見を伺うのも非常に良いと思います。

とにかく、あなたなりの答えというのが大事です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

就活生の方々に向けて面接の対策方法をご紹介しました。

とにかく重要なのは

  • OBやOGの方の力を借りること
  • 新聞や会社HPの情報は必ずチェックしておくこと
  • いずれの答えもあなたなりの答えであること

です。

企業はあなたの人柄を判断するために面接を行っています。
最大限にアピールするためにしっかりと準備して面接に臨みましょう!