就活面接

【就活生必見!】面接で逆質問されたときのベストな対応!好印象をもってもらうには?

就活面接 逆面接

今回は就活生の方々に向けてエントリーで押さえておきたいポイント3つをご紹介したいと思います。

1月現在、就活生の皆さんは企業研究インターンシップ参加に勤しんでいるところではないでしょうか?

3月から採用情報が公開されるのでそれに備えて、企業エントリーエントリーシートの準備をしている方もいらっしゃるかと思います。

中でも気になるのが面接対策
面接ではいくつか質問されますが、面接の最後に必ずといっていいほど、逆面接というのがあります。

今回は面接で逆面接をされた際のベストな対応をご紹介したいと思います。
好印象をもってもらうために、しっかりと対策をしておきましょう!

面接における就活生に向けた逆面接とは?

「最後に何か質問はありますか?」
と最後に面接で聞かれますが、これが逆面接です。

実際に私も就活のときに面接で聞かれました。

私の場合は、当時その業界の取り組みで大きな変革があるとされていたので、
「御社では来年の改革に対してどのように取り組んでいく予定ですか?」
と質問をしました。

逆面接ではあなたの志望度の高さをアピールすることが重要です。

逆面接で好印象をもってもらうための質問の仕方

逆面接では面接官はある意図をもって質問を投げかけています。
その意図を理解して、質問をしましょう。

入社をしたいという熱意を示すような前向きな姿勢

面接官は本当にこの会社に入りたいのか?
というのを見ています。

何も質問をしなければ、
「うちの会社に興味がない」
という見方をされる可能性もあります。

一方で
「御社で勤務する方々と協力して仕事をしていくために、仕事で大切にしていることを教えて下さい。」
といったような、入社した後の具体的なことについて質問すれば、
あなたの志望度の高さをアピールすることができます。

入社をしたいという熱意を示す前向きな姿勢が重要です。

企業・業界理解を深めようとする積極的な姿勢

企業や業界のことを理解しようと努める姿勢からも志望度の高さをアピールすることができます。

「今後御社で予定している事業展開について教えて下さい。」
「現在御社で進めている〇〇事業について私も将来性を感じており、私の努力次第でその事業に関わるチャンスはあるでしょうか?」

といった質問をして、その企業・業界を理解しようとする姿勢を示しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

逆面接ではとにかくあなたの志望度の高さをアピールすることが重要です。

いくつか質問例文をご紹介しましたが、必ずあなたの言葉で質問するようにして下さい。
誰かのものを真似しても面接官にはその熱意は伝わりません。

しっかりと企業研究をして、予め質問を考えてから面接に臨むようにして下さい。

あなたの就活を応援しています!