悠仁さま”包丁事件”の動機は思想犯による犯行か?ピンクの刃の意味とは…

秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(12)が通われるお茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で、悠仁さま机の上に刃物が置かれていたことが27日、警視庁への取材で分かったそうです。

刃物は約60cmの棒に粘着テープで巻き付けられており、刃の部分はピンク色に塗られていたそうです。

また、刃物が見つかる直前、悠仁さまやほかの生徒は別の場所にいて、教室は無人だったということで内通者がいたのではないかという噂もあります。

防犯カメラには水道工事を装い、ヘルメットをかぶり、青っぽい上下の服を着た中年の男性が写っていたそうで、現在警察が犯人の行方を追っています。

今回、包丁は悠仁さまと隣の生徒の席の間にまたがるように置かれていたようですが、犯人の動機が気になりますよね。

そこで今回は、悠仁さま包丁事件の犯人の動機を探ってみたいと思います。

また、ピンクに塗られていた刃の意味についても考察してみたいと思います。

悠仁さま”包丁事件”の動機は思想犯による犯行?

悠仁さまの包丁事件の動機について深くみていきましょう。

上の画像は事件発生当時の現場の状況です。

  • 金属の棒に括られた2本の包丁
  • 刃先はピンク
  • 悠仁さまと隣の生徒の席に跨るように置かれていた

明らかに思いつきの犯行ではないですよね。

警視庁の捜査関係者によると、思想犯による犯行という見方が強いようです。

警視庁捜査関係者が言う。

平成から令和へ、改元直前の犯行ということで、ほぼ間違いなく、思想犯。包丁を置くという行為が、秋篠宮殿下に対する脅しのメッセージだろう

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190427-00000025-sasahi-soci

秋篠宮殿下に対する脅しのメッセージという可能性は十分に考えられそうです。

状況証拠からして明らかな計画性が感じられます。

  • わざわざ教室に誰もいないタイミングを見計らったこと
  • 包丁が細工されていたこと
  • 悠仁さまの机に確実に包丁が置かれていたこと

絶対に思いつきの犯行ではないので、何かしらのメッセージがあったことは考えられます。

タイミングとしても令和への改元前ということで、それに対して何かメッセージがあったのでしょうか?

皇位継承に伴い以下のような儀式が控えています。

  • 即位の式
  • 退位礼正殿の儀
  • 剣璽(けんじ)等継承の儀
  • 即位後朝見の儀

もし、秋篠宮殿下への脅しのメッセージだとすると、これは何かの警告なのでは?とも感じます。

本当に無事に式が終了することを願うばかりです。

“思想犯の犯行”に対するネット上の声

この思想犯による犯行という見方に対して、ネット上ではどのような声が挙がっているのでしょうか?

以下はTwitter上の声です。

ネット上では、そもそもの思想犯という表現に違和感を感じた方が多かったようです。

戦前までは、日本には「思想犯」というものがありましたが、今の憲法では思想の自由を保障しています。

従って、思想犯という表現は不適切だという意見なのでしょう。

ただ、表現云々の話を抜きにして、犯行には何かしらのメッセージが隠されていることは間違いないと思います。

悠仁さま”包丁事件”のピンクの刃の意味は?犯人は小室母子?

さて、今回の包丁事件に隠されたメッセージを考える上で、注目すべきは以下の3点です。

  • 包丁の刃がピンクであったこと
  • 包丁が2本であったこと
  • 包丁が悠仁さまと他生徒の席に跨るように置かれていた

まず、ピンクの色に隠された意味について探ってみると、以下のような意味があるようです。

ピンクは女性 「無条件の愛と気遣い」「女性らしさ」「やさしさ」「配慮」「無邪気」「甘え」などの意味があります。同時に「自己受容」という意味もあります。

出典:https://spicomi.net/media/articles/232

仮にピンクを女性として考えるのであれば、秋篠宮家で現在話題になっている女性といえば、佳子さまと眞子さまです。

これはどちらかのことを象徴しているのでしょうか?

ネット上でも以下のようなコメントが見られました。

二本に包丁というのは「日本の象徴」のアナグラムじゃないかな?

それをピンクに染めたというのは、たぶんだけど佳子さまを象徴していると思う。

佳子さまはピンクのドレスを着ることが多いから。次は赤く染めるぞ。

つまり秋篠宮家を全員殺すという決意の証だと思う。

圭と眞子さまの結婚を認めないと、悠仁さまと佳子さまを殺す。これが今回の事件の意味だと思う。

小室佳代なら眞子→圭経由で、悠仁さまの席も知れたはず。動機とチャンスがあるのは佳代だけ。

「いつでもやれる」という秋篠宮家への警告なのでしょうか?

あくまでも推測ですがまとめると、

  1. 包丁の刃がピンク → 佳子さまを象徴
  2. 包丁が2本 → 小室圭さんと眞子さま
  3. 包丁が悠仁さまと他生徒の席に跨ってた → 悠仁さまに関係する人を象徴(つまり秋篠宮家)

ということなのでしょうか?

もしそうならば、本当に恐ろしいことです。

みなさんはどのように考えますか?

悠仁さま”包丁事件”のピンクの刃の意味は?ネット上の声

最後に悠仁さま”包丁事件”で刃の色がピンクだったことについて、ネットではどのような考察がされているのか、ネット上の声を見ていきましょう。

以下はTwitter上の反応です。

ネット上の声をまとめると、

  • 小室佳代氏が関わっているのではないか
  • 皇室に対する脅しだったのではないか
  • ロンギヌスの槍を意識していたのではないか

といった声がありましたが、どれも憶測の域にすぎません。

本当のところは犯人のみぞ知るいった状況です。

今回幸いにも負傷者は出ませんでしたが、今後大きな事件に発展しないためにも、1日も早く犯人が捕まることを願っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

悠仁さま包丁事件の犯人の動機を探ってみました。

正確なことは分かりませんでしたが、状況証拠を見る限り、今回の犯行には何かしらのメッセージが隠されていたことは間違いないと思います。

何事もなく新元号「令和」が迎られるよう、心から願っています。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です