就活エントリー

【就活生必見!】エントリーシートの書き方のポイント3つ!

エントリーシート

今回は就活生の方々に向けてエントリーシートの書き方のポイント3つをご紹介したいと思います。

1月現在、就活生の皆さんは企業研究インターンシップ参加に勤しんでいるところではないでしょうか?

3月から採用情報が公開されるのでそれに備えて、企業エントリーエントリーシートの準備をしている方もいらっしゃるかと思います。

中でもエントリーシートは選考の第一段階の資料として非常に重要な役割を担っています。

今回はエントリーシートの書き方に悩んでいる方々に向けて、エントリーシートの書き方のポイント3つを解説致します!

エントリシートで自分自身をアピールする上で重要なことをまとめているので、一つひとつゆっくり読んでみて下さい。

エントリシートの書き方のポイント3つ

エントリシートで伝えたいことを1つに絞る

多くの方が大学生の方だと思いますが、その場合エントリシートで書く内容は部活動やサークル活動、バイト、ゼミ、
ボランティア、研究活動等、多岐に渡るものだと思います。

それら全てを伝えようとしても、エントリシートには書ききれず、結果的に伝える内容が浅いものとなってしまいます。

なので、その中で最も印象に残っているもの・伝えたいものを1つ選んで書くようにしましょう。

理想的なエピソードとしては、
「何を学び、何を得たのか、そしてその後どのように活かすことができたのか」
そういった内容を伝えることができるものがいいですね!

エントリーシートで具体的なエピソードを伝えることができるものにする

先ほどのポイントと少し重なる部分もありますが、具体的なエピソードが重要です。

ただ単純に「こういうことを学びました」と言うより、具体的なエピソードを加えた方が
それを学ぶに至った背景を伝えることができるので、説得力が増します。

具体的であればあるほど良いので、そのときのことを思い出しながら、5W1Hを意識して書きましょう!

企業側にどんなメリットがあるのかを考えて書く

学びがあったことを踏まえて書くのは勿論ですが、
企業側にどんなメリットがあるのかを考えて書きましょう!

つまり、その学びを基に会社でどのように貢献できるかです。

エントリシートではそこが一番重要になります。

企業側としては会社にとって有益な人材を確保したいというのは当然のことで、
あなたが会社でどのように貢献したいかをアピールすることが重要です。

間違ってもただの感想文にならないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

エントリーシートを書く上で重要なポイント3つをご紹介しました!

エントリシートではいかに自分をアピールできるかが重要となります。

上記3つのポイントを意識して、エントリシートを書いてみて下さい。
自信を持って自分自身をアピールしましょう!