自己分析・企業研究

【就活生必見!】自己分析のやり方はこれが一番!自己分析のステップ5つを徹底解説!

就活 自己分析

今回は就活生の方々に向けて自己分析のやり方をご紹介したいと思います。

1月現在、就活生の皆さんは企業研究インターンシップ参加に勤しんでいるところではないでしょうか?

3月から採用情報が公開されるのでそれに備えて、企業エントリーエントリーシートの準備をしている方もいらっしゃるかと思います。

中でも、エントリーする前の準備として、自己分析はとても重要です。

今回は自己分析に悩んでいる方々に向けて、自己分析のやり方を解説致します!

「自己分析をやっているけど何をやったらいいのかわからない」
そんな方に向けて、ステップ毎に流れを追って解説していますので、一つひとつ読んでみて下さい!

自己分析ステップ1:自己分析の目的を理解する

自己分析の目的は自分の人柄を企業に知ってもらうことです。

具体的には、

  1. 自分がどんな人間なのか
  2. どんなことにやりがいを感じ、会社どんなことをやりたいのか
  3. どんなことで会社に貢献したいのか、またチャレンジしたいのか

といった流れで説明して、自分を知ってもらう必要があります。

そのためには自分がこれまで、どんな経験をして、どんなことに打ち込んできたのか
今一度振り返って自分を見つめなおす必要があるのです。

自己分析ステップ2:過去に打ち込んだことを振り返る

ステップ2はあなたが過去に打ち込んだことを振り返るということです。

  • 中学時代に打ち込んだこと
  • 高校時代に打ち込んだこと
  • 大学時代に打ち込んだこと

とにかくあなたが打ち込んだことを書き出しましょう!

自己分析ステップ3:過去の頑張った経験を掘り下げて分析する

次にあなたの頑張った経験を掘り下げて分析しましょう!

問題をどのように解決したのか?どんなことに熱中できるのか?

これらはあなたの長所志望動機に通ずる部分があります。

具体的には以下のポイントに着目して分析しましょう

  • 活動の中でどんな問題に取り組み、どのように解決したのか
  • 対処した結果どうだったか?
  • その経験から何を得たのか?
  • 何故壁にぶつかっても続けることが出来たのか?

自己分析ステップ4:過去の経験から共通の長所を見つけよう

ステップ3で過去の経験を掘り下げたことで、
あなたがどんな問題にどのように取り組みどうやって問題を解決したのか
が分かったと思います。

次はそこからあなたの長所を見つけましょう!

このときなるべく的確なものにしましょう。

例えば、単純に協調性があるという表現ではなく、
チーム全体の成果を向上させるために行動できる
といったような表現にすることが重要です。

自己分析ステップ5:自分がやりたいことを見つけよう

ステップ4のあなたの長所を踏まえて、あながたどんなことをやりたいのかを見つけましょう!

ステップ3であなたがどんな場面で熱中するのか、やりがいを感じるのかが分かったはずです。

それらを考慮して、
「あなたがどんな仕事をしたいのか」「どんなことをやりたいのか」
を見つけましょう!

それを基に企業研究をしたり、志望動機を作成したりして、今後の就職活動に繋げましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

自己分析のやり方をご紹介しました!

自分のやりたいことが見つからないという方も、自己分析をすることで
やりたいことが見つかるかもしれません。

是非とも今後の就職活動に役立ててみて下さい!