自己分析・企業研究

【就活生必見!】会社説明会のマナーはこれで完璧!6つのポイント

会社説明会 マナー

今回は就活生の方々に向けて会社説明会のマナー6選をご紹介したいと思います。

1月現在、就活生の皆さんは企業研究インターンシップ参加に勤しんでいるところではないでしょうか?

3月から採用情報が公開されるのでそれに備えて、企業エントリーエントリーシートの準備をしている方もいらっしゃるかと思います。

企業研究の一環として、会社説明会に行く機会も多くなると思いますが、そんなときに気になるのが会社説明会でのマナー

今回は会社説明会でのマナーに悩んでいる方々に向けて、会社説明会のマナー6選を解説致します!

一つひとつテーマ毎に分けてご紹介しているので、ゆっくり読んでみて下さい!

会社説明会のマナーその1:服装マナー

会社説明会に行く際の服装マナーですが、基本的にスーツです。

特に指定がない場合や「自由な服装でお越し下さい」と言われた場合は
スーツでいくのが良いでしょう。

私服(普段着)でお越し下さいと言われた場合は、ジャージやデニム等は避けて、
ビジネスカジュアルで行きましょう!

会社説明会のマナーその2:持っていく持ち物

企業側から特に指定がない限りは、最低限以下の持ち物を持参していけばよいでしょう。

  • 筆記用具
  • メモ帳
  • 手帳(スケジュール帳)
  • クリアファイル
  • ハンカチ・ティッシュ

もし、会社案内の資料が事前に配られている場合は、そちらも持参したほうがいいですね!

会社説明会のマナーその3:会社に入る直前のマナー

時間には余裕を持って、15分前には到着しておきましょう。

会場に入る前に、コート・マフラー・手袋等は脱ぎ、
汗をかいている場合は、ハンカチ等で拭き取ってから中に入りましょう。

時間に余裕を持って行動することが大切です。

会社説明会のマナーその4:受付時のマナー

受付についた途端、「会場はここで合っていますか」等と聞く人がいますが、
これでは相手にあまり印象を与えられません。

到着後は以下のように振舞いましょう。

  1. 笑顔で挨拶をして、丁寧にお辞儀をする
  2. 「私は〇〇大学の~です、御社の会社説明会に参りました」
  3. 書類を受け取る際は相手の目を見ながら「ありがとうございます」と言って受け取る
  4. 入室する際は「失礼します。」と言ってから入室する

会社説明会のマナーその5:入室後・説明中のマナー

入室後は、できるだけ前の方に座りましょう。
人事に積極性が伝わるだけでなく、話により集中することもできます。

あとは、きちんとした姿勢で説明が始まるまで待ち、携帯電話の電源は切っておきましょう。

説明会開始後は適度にメモをとりながら、真剣に話を聞きましょう!

会社説明会のマナーその6:質問をする時のマナー

質問前には「大学名と名前」を名乗ることが重要です。

「私は〇〇大学の~です、今日は貴重なお時間を頂きありがとうございます」
と言ってから質問に移りましょう。

質問内容に関してですが、
自分にしか関係内容な質問ではなく、他の人にも役に立つような質問にしましょう。

もちろん、相手が答えられる範囲で、ということも考えて質問して下さい。

また質問する際には、最初に質問の趣旨・目的を説明して質問すると相手も答えやすいので、
その辺の配慮も重要ですね!

事前にしっかり企業を調べておくとより良い質問が出来るので、企業兼研究をしてから
説明会に臨むことをおすすめします!

まとめ

いかがだったでしょうか?

会社説明会におけるマナーのポイント6つをご紹介しました!

会社説明会でいい印象を与えておけば、いい意味で覚えてもらえると思います。

しかし、態度が悪ければ、その時点で選考から外されてしまう可能性もあります

悪目立ちしないためにも、今回のマナーは最低限押さえておきましょう!